有機EL照明実用化研究会が設立されました。

 山形県では、「有機エレクトロニクスといえば山形」を掲げ、現在、山形を有機ELの一大産地とすべく産・学・官の力を集結し取り組んでおります。
 これまで「つくる」集積地=産地として捉えてきました。
 私達は、新たな産地の姿として、「つくる」・「つかう」・「まなぶ」を掲げ、有機ELパネル生産企業と地元企業が連携し「つくる」技術、地元で「つかう」取り組み、「まなぶ」社会の働きを一体化した産地構想を掲げ活動を始めました。
 米沢の地元企業の経営資源を連携し「有機ELを活かした魅力的な製品提案を通し地元お客様への貢献と地元産業の活性化」を目的に活動してまいりたいと考え、有機EL照明実用化研究会を設立しました。
  • 構成メンバー(平成25年2月現在)
    【企業】
    Lumiotec(株)、(株)タカハタ電子、(株)小泉創芸、(有)林木工芸、米沢小高工業(株)

    【開発支援】
    山形県工業技術センター置賜試験場
    (財)山形県産業技術振興機構 産学官連携有機エレクトロニクス事業化推進センター
  • 事務局:米沢新産業創出協議会
【米沢新産業創出協議会】
〒992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-18 地域産業支援センター内
0238-28-8811 0238-28-8810